弁護士さんへお礼と追悼

弁護士さんへお礼と追悼

 

ありがとう、先生

 

困惑困窮な難事件を助けてくださった法テラスの弁護士さん

 

あれは、日進立てこもり狙撃事件の頃、ほど近い名古屋でのことだった。再婚で若い時も同じような、あるいはもっとひどいドタバタで離婚経験があったことが、あとからわかった、元夫から、DV以上殺人未満な、カード使い込みこども連れ去り、閉め出し、うち占拠を、同時多発され、困り果てて、名古屋中日ビルの法テラスを訪ねた。うちもなく仕事もなく乳児は遠すぎる東北の相手実家、しかも次々覚えのないわたし名義な請求書しかも転送され督促は鬼気迫ります。しかし、出てきた先生は、ひとこと、大変だね、暮らせないでしょうと。それはびっくりするほどありがたい言葉でした。

 

世の中に、ほかに、そんな肯定文をはなしたひとが、まあ、親は別として、いない状況でした。相談して、四枚つかわれたカードのうち、一枚が、当時ニュースに出た悪質な金融と同じでしたので至急まずその一枚だけでよいからなんとかして欲しいと懇願したら!(((o(*゚▽゚*)o)))六法全書を読んでいた先生は、出来るかもしれないと、つぶやき引き受けてくださいました。お会いしたのはそれが一度きりです。あとは、委任状と書面郵送だけで、一年間で、みごと、離婚届だけ出せていた元夫に一枚は全額支払い終了していただきました。あれから十年。昨年冬、先生は心筋梗塞で他界されたと、今年になり伺い、びっくりしました。たったカード一枚と、訝しがられるかもしれませんが、あれからすぐリーマン不況、こどもは案の定、嫌がる青森の愛人から返され、一年間ほどで手元にもどり、ふたりの幼子をかかえ、仕事を探したり看病でやめたり、転々としましたが、やはり、あのカード一枚の解決で生き延びたし、なんとかこどもも手元で大きくなりました。しかも一昨年やっと審判で親権がうつり養育費矯正執行を懐かしい先生に、手続きしていただけたのです。
男は引き去るとすぐ退職逃亡しましたが、それすらも、十年前初回相談で先生はたった五分で予測しておられました。

 

 

審判はお金なくて弁護士頼めなかったけど、終わりましたと電話したら、覚えておられた様子で、爆笑なさった笑い声を思い出すばかりです。こころから、ご冥福を祈り深く感謝申し上げます。