ユーチューバー全盛に危機感を感じること

ユーチューバー全盛に危機感を感じること

 

いまやユーチューバーと呼ばれる、動画サイト『YOUTUBE』に動画を投稿し、広告収入を得る人が無限の広がりを見せています。稼げる人もいれば稼げない人もいます。そして職業はと聞かれて『ユーチューバー』と答える人も増えています。しかし将来のことを考えると、ユーチューバーで生活をしていこうと考えるのは大きなリスクがあります。ユーチューバーを目指す若者への警告です。

 

 

『ユーチューバー』の現状

 

各分野に人気のユーチューバーが存在します。釣り、お笑い、マジック、パチンコ、その他色々です。しかし、人気者になって再生回数の多いのは本当に一握りです。その一握りの人たちは人並みならぬ努力と取材、撮影、編集に時間を費やしています。そこまでやっても一握りの人しか日の目を見ません。

 

 

『ユーチューバー』の広告収入

 

そんな中、一部人気の人や、グループが広告収入を公表しています。世界レベルで飛びぬけた人は、とてつもない収入を得ていますが、国内の人気の人やグループで、年間250万円〜450万円位とわかっています。これは丸々の広告収入です。ここから動画作成などにかかった費用を引くと、収入としては多くない金額です。更に年間20万円を超えると確定申告しなければならないので、更に減ります。ピコ太郎さんなどは全世界で再生回数が膨大になったので億単位の収入があったと言われていますが、国内レベルではこれくらいがトップクラスです。

 

 

広告収入の危険性

 

かつてネットの普及の始まり時期は、クリック報酬のアフィリエイトが全盛でした。訪問者の多いサイトでは、広告を貼りつけるだけで、ワンクリック5円とか10円の広告収入が入るという時代でした。しかし、利用者が増え、悪質クリックなどが増えだすと、クリック広告の単価が減り、今やクリック報酬はほとんどなくなっています。動画再生にかかわる広告もこのようになる危険性が大いにあります。単価が50%下がれば収入は半減します。今の収入に満足していると大きな落とし穴があります。

 

 

アカウント停止の危険性

 

人気が出てくると、アクセス者の期待も高まります。真似したような動画も増えてきます。そんな時よりアクセスを見込もうとして、過激な内容に転じたりします。度が過ぎるとクレーム報告され、アカウントを停止されます。停止されると配信された動画も見れなくなり、当然動画のアップもできません。この時点から収入がゼロになるのです。

 

 

ノーリスクほど危険なものは無い

 

契約もなく、アカウントさえあれば、収入が得られるというノーリスクのものほど、大きな危険があります。自分にもノーリスクですから、運営側もノーリスクです。運営者が突然、方針を変えればそれに従うしかありません。例えば広告配信はやめます!とでも通達されると従うしかありません。

 

まとめ
このように人気のユーチューバーは好きなことをやって収入を得られる反面、突然収入が無くなる危険性をはらんでいます。本業をもちながら趣味の世界でやるのはいいですが、本業としてやるのはやめた方がいいと思います。